フォロワー数、日本一のアイドル猫 すずめとうなぎ。人気の秘密は…?

k_IMG_7021

今、国内外で空前のブームになっている猫。そのブームを率いているのが、Instagram やTwitterなどのSNS、あるいはブログといった、ネットの世界で大人気の猫たちです。そんななか、近ごろ猫界で急上昇中の新たなトレンドになっているのが、2 匹がコンビを組む“バディ猫”です。
今、Instagram(フォロワー=ファンの数、2018 年10 月時点で65 万人! ※目安として、驚くほど多くても10 ~20 万人)や、ブログ(猫ブログランキング上位の常連‼)で、名実ともにその頂点に立つのが、すずめとうなぎです。

k_IMG_7502

超絶インスタ映えに世界が熱視線。にゃんこが芸能事務所に⁉︎

写真左の緑の瞳がすずめで、写真右の茶色の瞳がうなぎです。整った顔立ちにおとぼけフェイス、くりっくりのお目め。日本のみならず欧米やアジア、アラビア語圏といった世界中のファンから、 “Cute!”などの熱いコメントが寄せられているとか。
2 匹のうち、年上にゃんこのすずめは、昨年、その実力が認められて芸能事務所にスカウトされたほどで、現在はアイドルにゃんことしても活躍の幅を広げています。一方、まだうら若きうなぎは、すずめと比べると体は小さめ。すずめと瓜二つでありながら、少し幼さの残るかわいらしさもあって、今後の活躍に注目が集まっています。

ファンに人気の定番カット。芸人の“ひょっこりはん”をマネたそう。
ファンに人気の定番カット。芸人の“ひょっこりはん”をマネたそう。
すずめはちょっとあいたお口が特長。ぼーっとしているからだとか。
すずめはちょっとあいたお口が特長。ぼーっとしているからだとか。
色とりどりの被り物は、大阪の友人がねこ用ガチャガチャの景品を送ってくれるという。愛されてる~!
色とりどりの被り物は、大阪の友人がねこ用ガチャガチャの景品を送ってくれるという。愛されてる~!
うなぎが子猫だった頃。
うなぎが子猫だった頃。

保護猫、里親。華やかな活躍の、心温まる舞台裏とは…

飼い主は文字通り“ごく普通の”広島県在住のご夫婦。いわく、双子のようにそっくりな2 匹ですが、兄弟ではないそうで…。「すずめは3 年前、知人に紹介してもらった里親さんから。うなぎは1 年前、保健所から引き取りました。今では2 匹とも、本当の子どもみたいな存在です」

すずめはいたずら好きでツンデレ、澄んだ緑の瞳。うなぎは遊び好きで食いしん坊、深い茶色の瞳。似ているけれど個性豊かな“子どもたち”との、何気ない日常を発信することには、並ならぬやりがいを感じていると飼い主さんは言います。

「さまざまな地震の被災者の方が、写真を見て“元気がもらえた” とコメントをくださいました。また2018 年7月に起きた西日本豪雨では、うちは無事でしたが、心配の声をくださる方も大勢いたんです。夫婦共働きで実はちょっぴり大変なのですが、これからも毎日、SNS を更新し続けていきたいですね」

大げさではなく、大事な局面で人に生きる力を与え、繋がりを生むこと。人を勇気づける、これぞアイド
ルではないでしょうか。正統派美形“バディ”を、これからも、ぜひみんなで応援していきましょう!
大げさではなく、大事な局面で人に生きる力を与え、繋がりを生むこと。人を勇気づける、これぞアイド ルではないでしょうか。正統派美形“バディ”を、これからも、ぜひみんなで応援していきましょう!
k_cover02_obi

『幸運を招く猫「すずめちゃん」が贈る 毎日がハッピーになる31 のメッセージ』(KADOKAWA、定価1,296 円)

かわいい写真と漫画で、読む人がハッピー になれる言葉を31 個紹介。この1 冊があれば、2 匹と毎日一緒!

WEB茶の間限定動画、一挙公開中!

“ひょっこりはん”パロディーの裏側!

このアンニュイな感じ、なんとも言えません…

愛らしい! 「行かにゃいで」攻撃

planmake_tamai

取材・文=玉井雄大
たまいゆうた●月刊『茶の間」編集部員。滋賀県出身。自然や映画、銭湯、禅、詩、酒など“本質を語れるものごと”好き。茶道もその一環ですが、第一子誕生によりお休み中。今は流派にとらわれず、お家でセルフ抹茶を楽しみます。