超一流ホテル「星のや京都」のマネージャーが教える嵐山の穴場6選

渡月橋や竹林の小径、大覚寺、天龍寺などの名刹、紅葉や桜名所が点在する京都・嵐山エリア。混雑を避けて観光したい方のため、8年連続でミシュランガイド旅館部門の最高ランクを獲得している「星のや京都」に、秘密のスポットをこっそり教えてもらいました。

 

星野リゾートが手がける「星のや」といえば、軽井沢や竹富島、富士河口湖など全国各地に根付き、地域ごとの魅力を最大限に活かしたもてなしが超一流です。土地ごとの魅力を発見するのが非常に上手な「星のや」が、嵐山に見出した本当の魅力とは。混雑なし、徒歩で巡れてインスタ映え必至の、嵐山観光の裏技をご紹介します!

星のや京都
星のや京都の松本葉子さん

●教えてくれた京都ツウ
星のや京都
ゲストリレーションズ マネージャー
 松本葉子さん

【 教えてくれた京都ツウ 】
星のや京都
ゲストリレーションズ マネージャー
 松本葉子さん

「渡月橋周辺は、四季を問わずとても混雑しています。ですが、『奥嵐山』と私たちが呼ぶ渓谷エリアは、渡月橋から川沿いに歩いて15分足らずの近さにあって、非日常を味わえる秘境です」  

奥嵐山に開業してから2019年12月で10年を迎える高級旅館「星のや京都」に、開業当初から携わる松本さん。日夜この地で過ごすからこそ発見できる魅力は、「圧倒的な自然美」だといいます。  

「秋は紅葉、冬は雪景(せっけい)、春は桜、夏は青もみじと、四季折々で彩られる渓谷。 大堰川(おおいがわ)や沢の音だけが聞こえる静寂。一斉に虫が鳴き出す夕方を過ぎると、星空が見える澄んだ夜空の下、遠く鹿の声が響くことも。日の出とともに、朝もやが漂う光景も最高なんです」  

奥嵐山は、平安時代から天皇や貴族に愛され、江戸時代には豪商・角倉了以(すみのくらりょうい)が別邸を構えた地。昔から変わらない美観を今に残す、まさに知る人ぞ知る、穴場のエリアなのです。 

01.嵐峡(らんきょう)

この大パノラマの絶景を実際に見られるポイントとは……?

嵐峡

「嵐峡」とも称される美しい谷と清流。 北岸にそびえる小倉山(おぐらやま)にある亀山公園には展望台があり、眼下に眺めるこの雄大な絶景は京都人でも知る者は多くありません。 混雑する紅葉や桜のシーズンにおすすめです。

●場所:亀山公園

02.大悲閣 千光寺

どこも混雑する嵐山の紅葉・桜名所の中でも、超穴場!

大悲閣 千光寺

角倉了以が大堰川の開削工事で亡くなった人々を弔うために建立。星のや京都の脇を外れた山道を少し登れば、住職が温かく迎えてくれます。ここからの渓谷の眺めも絶景です。 

●開門時間10:00 〜 16:00、入山料400円
●場所:千光寺

03.紅葉美

1年のうちわずか2ヵ月弱しか出合えない、非日常の風景

紅葉美

山の斜面が急なので、広葉樹の1本1本が重ならずによく見えるのが、他にはめったにない魅力。 中には、赤く燃えるように色づく、樹齢400年にもなる紅葉の大樹も。 晩秋にはシャワーのように辺りに散り、その後の敷き紅葉もまた別格の美しさがあります。

04.早朝の大堰川

嵯峨野・嵐山の静脈=大堰川が最も美しい時間帯は……

大堰川

日中は保津川下りの船の往来があり、平穏は朝まだきのひとときだけ。季節にもよりますが、朝5時や6時ごろに、ピンと張り詰めた水面は、まるで鏡のように紅葉や桜といった自然の風景を写し取ります。澄んだ翡翠(ひすい)色の水流に一隻(せき)の舟を浮かべれば、平安貴族の気分に。

05.夜月

静かで幽玄。少し山手に歩くだけで見られる景色があります

夜月

実は嵐山は、平安貴族たちが舟の上で月見をし、鎌倉時代には亀山上皇が 「くまなき月の渡るに似る」、 曇りない夜空に満月が橋を渡るようと称えたというほどの月の名所。 山影に浮き立つ月光は格別です。

●3〜4の場所:大堰川沿いの嵐山・小倉山

06.渡月橋の朝日

定番の橋を独り占め!超“映える”写真を撮る方法が……

渡月橋

早朝、渡月橋周辺も人影はまばら。静かに、目に染みるような朝日が川面を黄金色に輝かせつつ、 橋のシルエットの向こう側からゆっくり、昇りゆく光景に心が洗われていくのを感じます。

おわりに…

極上の自然美に出合うために、
奥嵐山に泊まるという選択肢も

奥嵐山

知ると真の嵐山の魅力が見えてくる記事、いかがだったでしょうか。ご紹介した6つのポイントまでは、渡月橋から川沿いに徒歩で行けて、ほとんどは日帰りで楽しむことができます。 

でも日帰りだと、朝や晩の奥嵐山まで堪能するのは難しいもの。たまの贅沢も兼ねて、宿泊も検討してみてはいかがでしょうか。実は案内人・松本さんは京都出身ですが、奥嵐山の魅力は、星のや京都に勤めるまで知らなかったといいます。   

「休日もここに友人を案内するほど、この自然美が誇りです。奥嵐山を存分に楽しめる当館へ、ぜひお越しください」  

四季の風情が楽しめるリバービューの客室。自然の中で過ごす「空中茶室」や庭園。野外ストレッチ、朝のもみじ舟、奥嵐山の月明かり舟などの充実のアクティビティ。まさに奥嵐山の〝借景(しゃっけい)の美〞が詰まった、京都随一の体験になることでしょう。実際に訪れて初めてわかる、近い水面や清(さや)かな光、澄んだ夜空、清々(すがすが)しい朝焼け。 一夜を過ごす選択肢もまた、魅力的です。

星のや京都 

【住所】京都市西京区嵐山元録山町11-2
【電話】0570-073-066(星のや総合予約)
【宿泊】客室数25室
チェックイン15:00〜/チェックアウト〜12:00
1室1泊あたり 106,000円〜(食事別朝食2,800円〜 夕食20,000円
※料金はすべて税・サービス料10%別
※1室あたりの料金は季節によって異なります
【HP】https://hoshinoya.com

planmake_tamai

取材・文=玉井雄大
たまいゆうた●月刊『茶の間」編集部員。滋賀県出身。自然や映画、銭湯、禅、詩、酒など“本質を語れるものごと”好き。茶道もその一環ですが、第一子誕生によりお休み中。今は流派にとらわれず、お家でセルフ抹茶を楽しみます。