フォロワー数22万人! インスタで人気の料理家のお茶レシピとは?

ナチュラルな暮らしと美しい作りおきレシピで話題の料理家「こころのたね。」のyasuyoさん。日本茶を添えたヘルシーな食卓で人気の彼女が『茶の間』だけにお茶を使ったオリジナルレシピを教えてくれました。作りおきすれば毎日のごはんが簡単で便利になります。

yasuyoさんの料理

いつも食卓にお茶を。yasuyoさんのお茶の楽しみ方

yasuyoさんのお茶の楽しみ方

この日のyasuyoさん宅の食卓は、やさしい味付けのごろっと長芋の味噌豆乳スープと、おかずにはさつま芋と麹のコロッケや人参の豚肉巻き 照り焼き、常備菜の紫キャベツのマリネ、飾りにんじんと大根の甘酢漬け、あっさり黒豆煮、カレー味噌ごぼう、白菜と塩昆布のナムルなどが色とりどりに並んでいて、とてもおいしそう。そして、そこには必ずお茶が添えられています。

yasuyoさんと収納

食事のときはもちろん、ほっとひと息つくときにもお茶が欠かせないというほどお茶が好きなyasuyoさん。ほうじ茶やオーガニックティーを好んでいます。また、インスタやブログにアップしている盛り付けの写真にも、いつもお茶と急須が登場しています。ぽってり丸くてかわいい南部鉄器の急須が特にお気に入り。よく使うものほど、キッチンに並べて見せる収納を楽しんでいます。

そんなyasuyoさんが今回、お茶の風味を活かした、お茶を使ったレシピを『茶の間』だけに教えてくれました。飲むだけじゃないお茶の楽しみ方が広がります。

カラフルでフォトジェニックなおかずがズラリ! 週末作って平日らくちん

yasuyoさんの作り置き

料理研究家「こころのたね。」のyasuyoさんが毎日、SNSにアップするごはんは、食欲とこころをくすぐるかわいい盛り付けで話題です。こだわりの食器に並んだ色鮮やかなおかずたちは、どれもおいしそうで遊び心も満点。「でも、毎日そんなに手の込んだものは作れない」という人も多いかと。ですが、それはyasuyoさんも同じ。毎週土曜日にまとめて食材を買ってきて、土日にわけて、おかずを準備しているといいます。だし類や酢の物など、日持ちするものを中心に、無理のない範囲で2〜3品だけ作ったり合間で作り足すことも。

yasuyoさんの作り置き

そうして週末に作りおきしておいたおかずは、マスキングテープに日付を書いて冷蔵庫に常備しています。そうすれば、忙しい平日の夜もあとは盛り付けるだけ。冷めてもおいしいおかずはお弁当にも役立つから「お弁当のここの隙間に!」なんてことも。

「盛り付けはパズルを楽しむように」とyasuyoさん。ナチュラルな自然の風合いを生かした木目や土物のお皿にyasuyoさんのセンスを感じます。「どの器に載せようか、組み合わせは?」考えているだけで楽しくなります。

健康にもいい! 玄米茶、ほうじ茶、そして抹茶を使った『茶の間』だけのレシピ3選

香ばしさと梅干しで食欲そそる!玄米茶と梅のしっとりふりかけ

玄米茶と梅のふりかけ
玄米茶と梅のしっとりふりかけ

①玄米茶葉は飲用後のもので水分を絞っておく。梅干しは種を取り除いて刻む。

②熱したフライパンに①とみりん、醤油を入れて中火で約5分、弱火にして約2分、焦げに注意しながら炒り煮したら火を止め、かつお節、梅干し、炒り白ごまを混ぜる。

いつものひじきに旨み凝縮ひじきのほうじ茶煮

ひじきのほうじ茶煮
ひじきのほうじ茶煮

①芽ひじきは水に約15分つけて戻し、数回洗って水をきる。ほうじ茶葉は大きめの茎は取り除く。

②鍋に全ての材料を入れて中火で約13分、煮汁が完全になくなるまで焦げに注意しながら煮詰めて仕上げる。

風味満点でお茶のおともに抹茶きな粉の黒ごまクッキー

抹茶きな粉の黒ごまクッキー
抹茶きな粉の黒ごまクッキー

①ポリ袋にAを入れて振り混ぜ、こめ油を加えて全体を擦り合わせるように混ぜ、ポロポロの状態になったら豆乳を加え、何度も折りたたむようにしてよく捏ねる。

②①を袋のまま5mm厚の板状に伸ばし、袋の上から2×1cmの棒状に切り目を入れて袋を取り除く。

③オーブンシートを敷いた天板に②の生地を少し隙間をあけて並べ、170℃に熱したオーブンで約17分間焼く。

こころとからだに、やさしい種をまく暮らしを

ものづくり

元々、物づくりが好きだったというyasuyoさんが「こころのたね。」のブログを立ち上げたのは2001年。手作りのぬいぐるみや布小物の販売を始めました。今まで作った手作りのものの記録用に、とアップしだしたのがInstagramを始めたきっかけでした。ブログの名前には「自分の気持ちが相手に伝わりますように、種まきになりますように」という気持ちが込められています。食事づくりも同じこと。2人のお子さんをもつママでもあるyasuyoさん、自分や家族の健康のために栄養を考えた毎日の食事も、こころとからだの元気のために行なっている種まきなのです。

 

カラフルでかわいいだけでなく、からだにやさしい作りおきレシピで話題の「こころのたね。」yasuyoさん。日頃からお茶を好む彼女に、飲むだけではないお茶の楽しみ方を教えてもらいました。週末の作りおきで毎日のごはんやお弁当がもっと簡単で便利になります。忙しい毎日だからこそ、無理せずにラクしてこころとからだにおいしいお茶を使ったレシピに挑戦してみてくださいね。

こころのたね。
yasuyoさん

ナチュラルフードコーディネーター/発酵食スペシャリスト。からだにやさしい食事とおしゃれなスタイリングでInstagramやブログで人気。著書に『のほほん曲げわっぱ弁当』、『こころのたね。yasuyoさんの美しい作りおき』などがある。

・公式ブログ
https://ameblo.jp/y-kokoronotane/

・Instagram
@kokoronotane

planmake_niimi

取材・文=新見麻由子
にいみまゆこ●月刊『茶の間」編集部員。徳島県出身、歴史や文化、レトロなものに憧れて京都へ。休みの日は、散歩や自宅でお茶を片手に本を読みながらまったり過ごし中。和菓子やお花など季節を感じられるものが好き。