煎茶を知りたくて

日本茶

「常滑×京都」上質でおしゃれ、そして機能的な急須ならこれ一択!

「急須といえば常滑」といわれるほど日本一のシェア数を誇る名産地・常滑。その中でも、お茶の本場・京都の技を受け継いだ急須を編集部が探しました。北欧柄なんて目じゃないおしゃれさとお茶をおいしく淹れられる機能性も兼ねた、おすすめの急須をご紹介します。<

暮らし

茶葉が余った人必読!yasuyoさんのお茶を使ったレシピがすごい

「茶葉が余ってしまった……」なんてことありませんか? 日本茶を添えたヘルシーな食卓で人気の料理家「こころのたね。」のyasuyoさんが『茶の間』だけにお茶を使ったオリジナルレシピを教えてくれました。作り置きすれば毎日のごはんが簡単で便利になります。<

日本茶

日本茶に恋をしたスウェーデン人 ブレケルさんに聞く、急須茶の魅力

日本人でも合格率約30%。超難関の試験を突破し、数少ない外国人日本茶インストラクターとして、国内外でお茶の魅力を伝えるブレケル・オスカルさん。「恋」をしたと言うほど、日本茶を想うブレケルさんに、その魅力や可能性について伺いました。<

日本茶

理想の急須に出合うために。使う人・作る人に聞いた選び方のヒント

お茶をおいしく淹れるために欠かせない道具・急須。そんな急須に惚れ込んだ2人がいます。使う人と作る人、彼らが追求するそれは機能性と美しさを兼ね備え、デザインには意味があるといいます。2人の話には理想の急須を選ぶヒントが散りばめられていました。<

日本茶

【保存版】茶葉、急須、マナーなど、日本茶の疑問を解決!(前編)

日本人なら知っておきたい日本茶のあんなことやこんなことを、日本茶インストラクター協会完全監修で前編・後編に分けてお届けします。前編では、知っていると日本茶をもっと楽しめる9種の茶葉の特長や、急須や網の選び方についてご紹介します。<

宇治田原

お茶を取りまく文化を伝える月刊『茶の間』の 「WEB版」がオープンしました。

世の中のあらゆるものがデジタルへとシフトしている昨今、現代人の世界観は大きく変化しています。
「昔から変わらないお茶の魅力を、どうやって伝えたらいいのか」私たちはブレストを重ねてきました。<

宇治田原

宇治田原製茶場が発行する、月刊『茶の間』は、 日本茶と京都の情報を紹介しています。

京都府の南部に位置する宇治田原町は霊峰・鷲峰山(じゅうぶざん)に抱かれ、田原川が流れるのどかな土地です。<

調べました

外国人は日本茶の味ってわかるの? 2種類の緑茶を飲み比べてもらったら…

日本茶が海外でブームっていうけど、YOUたち本当に飲めるの?京都の街行く10カ国・数十人の外国人観光客に突撃取材。甘みや苦みといった意外な味の好みから、“おもてなし”のヒント、お茶の奥深い魅力まで、今スグ誰かに話したくなる調査結果をお届け!<

宇治田原

本物のお茶のおいしさと、その先の未来のために。 私たちが「急須」を大切にする理由。

近年、ペットボトルのお茶が普及し、急須でお茶を淹れることを知らない子どもや急須でお茶を淹れない家庭が増えています。<

日本茶

侍が茶を操る、驚きの珍百景!日本茶インストラクターの試みが話題!

ユニークなちょんまげ姿に作務衣をまとい、カクテルシェーカーや急須を使って驚きの手法でお茶を淹れる日本茶インストラクター・岩本博義さん。フレアバーテンダーの技と日本茶の知識を融合させた日本茶パフォーマンスで注目されるサムライ茶人の活動に密着!<

日本茶

【保存版】簡単で絶品! 冷たい日本茶の作り方 玄米・ほうじ茶も冷茶で

「日本茶」と聞くと、湯気の立つ熱いお茶をイメージする人も多いはず。だけど冷たいお茶・冷茶は、淹れ方によっていつもと違った味わいが楽しめるんですよ。煎茶や玉露はもちろん、玄米茶やほうじ茶の、意外と知られていない冷茶の作り方をご紹介します。<

宇治田原

ご存じでしたか? 日本の緑茶は、京都・宇治田原町で生まれました。

京都府南部にある綴喜郡宇治田原町は、日本緑茶発祥の地として知られます。江戸時代の農家・永谷宗円が15年もの歳月をかけて発明したのは、まったく新しい煎茶の新しい製法でした。日本茶の歴史に迫ります。<