COOLJAPAN !

日本茶

「常滑×京都」上質でおしゃれ、そして機能的な急須ならこれ一択!

「急須といえば常滑」といわれるほど日本一のシェア数を誇る名産地・常滑。その中でも、お茶の本場・京都の技を受け継いだ急須を編集部が探しました。北欧柄なんて目じゃないおしゃれさとお茶をおいしく淹れられる機能性も兼ねた、おすすめの急須をご紹介します。<

京都

令和元年の葵祭が10倍楽しめる!写真と絵巻で今と昔を徹底比較!

令和が始まりましたね。5月の京都といえば、日本三大祭の一つに数えられる葵祭。有名なお祭りですが、意外と知らないことが多いのでは? 日本最古の勅祭(ちょくさい)で、現代の日本の祭のルーツともいえる葵祭の姿を、中世の絵巻とともにひもときます。<

スイーツ

女性和菓子職人イチオシ!京都で最も絶品な自家製あんこ3選

京都で活躍する若手女性和菓子職人に、数ある和菓子の中で、つくり手の目線から見て素晴らしいと思う甘味を教えてもらいました。左京区で「茶房一倫」を営む藤田さんが教えてくれたのは「あんこがおいしいお店」。奥深いあんこの世界をのぞいてみてください。<

日本茶

日本茶に恋をしたスウェーデン人 ブレケルさんに聞く、急須茶の魅力

日本人でも合格率約30%。超難関の試験を突破し、数少ない外国人日本茶インストラクターとして、国内外でお茶の魅力を伝えるブレケル・オスカルさん。「恋」をしたと言うほど、日本茶を想うブレケルさんに、その魅力や可能性について伺いました。<

京都

【都をどり】混雑なし!たった 5,500円で舞妓を堪能する裏ワザ

4 月の観光は桜を見たり舞妓に会ったりと、京都らしい体験がしたいけど、花見客の人混みは避けたいし、お座敷は敷居が高い……。
そんな方には祇園の春の風物詩「都をどり」がおすすめ。基礎知識やチケット情報、初舞台を踏む舞妓インタビューをお届けします。<

京都

朝ドラ「まんぷく」“缶詰の人” 藤山扇治郎に聞く、新南座の魅力!

NHK の朝ドラ「まんぷく」の“缶詰の人”野呂役で話題! 人間国宝・藤山寛美を祖父にもつ、京都出身の若手役者・藤山扇治郎さん。京都の祇園四条観光におすすめは南座という扇治郎さんに、2018 年秋にリニューアルした新南座との縁や魅力を伺いました。<

日本茶

理想の急須に出合うために。使う人・作る人に聞いた選び方のヒント

お茶をおいしく淹れるために欠かせない道具・急須。そんな急須に惚れ込んだ2人がいます。使う人と作る人、彼らが追求するそれは機能性と美しさを兼ね備え、デザインには意味があるといいます。2人の話には理想の急須を選ぶヒントが散りばめられていました。<

京都

【永久保存版】京都で初詣に行こう! 生れ年の十二支で巡る神社仏閣

京都には動物にまつわる神社仏閣が多く、毎年干支にちなんだ寺社が大人気! 十二支すべてが揃う京都だからこそ、初詣は「干支詣」がおすすめです! 今年の干支や自身の生まれ年の干支の守護を授かるべく、干支をめぐる京都ならではの初詣をご案内します!<

スイーツ

昭和の名曲がまんじゅうに変身!インスタで人気の和菓子の世界vol.1

あの名曲や童謡から創作したまんじゅうや羊かんはどんな味? 独自の感性と技術でつくった美しい和菓子を発信し、多くのファンがいる京都在住の和菓子作家・名主川 千恵(なぬしがわ ちえ)さん。うたや文学が大好きな名主川さんが生み出す、楽しい和菓子の世界をのぞいてみませんか。<

スイーツ

若手作家のアイデアの源がわかる!インスタで人気の和菓子の世界vol.2

歌や文学から発想を得て美しい和菓子を生み出す名主川 千恵(なぬしがわ ちえ)さん。一日一菓、一日も欠かさずインスタグラムに和菓子を投稿しています。活動を始めたきっかけや和菓子づくりへの想いを伺うと、心温まるエピソードを話してくれました。<

京都

【保存版】京都を30年歩き続けた編集部厳選、超穴場の紅葉7選!

紅葉名所の多い京都。連休中の見頃は?混雑しない穴場は?写真映えする絶景は?一人旅や家族旅行、デートにおすすめは?<

日本茶

樹木希林さん遺作邦画の原作者に聞く、すぐわからないことの大切さ

お茶の登場する小説や映画は多いけれども、「茶道」という奥の深い文化を、上から目線で手引きするのではなく、これほどまでに、学ぶ側から、丁寧に繊細に描かれた作品は珍しい。<